GOLF NEWS

2017.08.28Matches(大会・試合)池田勇太プロ グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)で今季初優勝!RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント

170828_1.jpg

27日、RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント最終日、首位タイから出た池田勇太プロが5バーディ、ノーボギーの「67」とし、通算18アンダーで今季初優勝。 同じ首位スタートの上井邦裕プロと終盤まで演じたマッチレースを制し、2009年、15年に続く大会3勝目、ツアー通算17勝目を飾りました。

池田プロはクラブ契約フリーとなった昨シーズンより、弊社の国内自社工場製「グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)」の使用を開始。池田プロは昨シーズン3勝し、初の賞金王を獲得。国内自社工場が生み出した高品質なアイアンから放たれる切れ味鋭いショットが好成績を後押ししています。

前半の3ホールで上井プロが2バーディを奪う展開に対し、チャンスにつけながらなかなかパットを決めきれなかった池田プロは、6番からの4ホールで3つのバーディを奪取。両者ともに16アンダーで折り返します。
互いにバーディを1つ取って迎えた14番で上井プロが先にボギーを叩き、1打差をつけ迎えた18番。ティーショットを好位置につけた池田プロがバーディ、上井プロはボギーに終わり熱戦に決着がつきました。

今シーズンはアメリカツアーに積極的に参戦し、日本ツアーは4戦目で早くも優勝。
池田プロは「約1年半前に初めてグラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)を打ったのがこのコースでした。あの時感じた打球感、球押し感の強さ、海風に負けない弾道の強さは今も変わらず今週の優勝の助けとなりました!また来シーズン米メジャーにリベンジする為にもこれからの国内14連戦をグラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)と共に戦い抜きますので応援よろしくお願いします。」と語ってくれました。

170828_2.jpg

【池田勇太プロ使用クラブ】

アイアン:#4~PW グラファイトハイブリッド鍛造アイアン (N1-CB)

関連リンク

>>グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)

▼ RECENT

ゴルフシューズ パワークッションエアラスゴルフ1・1L  生産国変更のお知らせ

米山剛がEZONEとレクシスシャフトでコースレコードの初メジャー制覇 日本プロシニア選手権

キム ヒョージュが特別ゲストで参加!「ヨネックス・ジュニアキャンプ」を開催しました。

弊社独自のカーボン×スチールの革新構造 パター専用シャフト「REXIS STEEL CORE(レクシス スチールコア)」と、 1mのパットが90%以上の確率で入る※1 右への押し出すミスに強いEZONEパター「TP-F1C」 2018年10月下旬より発売

池田勇太プロ ヨネックス国内自社工場製「EZONE CB 501アイアン」で今季初優勝! アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 2018

ヨネックスフィッティングスタジオ限定モデル 様々なスウィングタイプのゴルファーに飛距離アップを実現 「EZONE GT P01 ,P02ドライバー」 2018年10月上旬より発売

米山剛プロらがおもてなし! ロイヤルメンバーズクラブゴルフコンペ・東北会場を開催

中国・タイのジュニアたちが今年も参戦!グローバルな戦いへと進化し続ける「11th YONEX Junior Golf Championship 2018」が開催

「39g・X」常識を超える軽・硬シャフト 「REXIS KAIZA-LIGHT(レクシスカイザ ライト)」 高初速・高弾道で飛距離アップを実現 「REXIS KAIZA-M2(レクシスカイザM2)」 2018年9月中旬より発売

2番手上の飛びを実現する飛び系アイアン「EZONE CB 701」先行試打会を全国で開催!

▼ CATEGORY
- Events(イベント)
- Information(お知らせ)
- Matches(大会・試合)
- Players(選手)
- Products(製品)
▼ ARCHIVE
- 2018年
- 2017年
- 2016年
- 2015年
- 2014年
© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top