PLAY

Impression 試打インプレッション

ドライバー編

  • 米山 剛「俺のドライバーより飛ぶじゃないか」

  • 若林 舞衣子「真っ直ぐしか行かないです」

  • アン ソンジュ「高く上がっても曲がらない」

  • キム ヒョージュ

アイアン編

  • 米山 剛「ピンしか行かないよ」

  • 若林 舞依子「ラフからでもピン狙って行けますね」

  • アン ソンジュ「これ飛びますね!キャリーで2番手違う」

  • キム ヒョージュ

テクノロジー

革新のカーボンクラウン。20%軽量化による飛びの低重心設計。

EZONE GT ドライバー
新素材オープンウィーブカーボンクラウン/新構造ハニカムクラウン

EZONEGTドライバーは、クラウン部分に新素材オープンウィーブカーボンを複合するヘッド構造を採用。さらに裏面をハニカム構造としクラウン部の強度を確保したことで従来に比べ、20%の軽量化を達成。さらなる高弾道、低スピンの実現で飛距離アップが可能に。

通常カーボンクロス材/オープンウィーブカーボンクロス材

オープンウィーブカーボンクロス材は通常カーボンクロス材に比べて、織りによる炭素繊維の屈曲が少ないので、樹脂の含有量が少なく高強度化と軽量化を可能とした新素材です。

新次元カーボンNamd 全世界に先駆けてヨネックスが初採用 大きくしなって素早く戻り、高初速で飛ばせるナノテクシャフト。

EZONE GT シャフト

[新素材:Namd(エヌアムド)採用で、しなり戻りが速くボール初速がアップ]

EZONE GT シャフト全体図
Namdは大きくしなって素早く戻る

全世界に先駆けてヨネックスが初採用した新素材「Namd(エヌアムド)」はシャフトのカーボン繊維と樹脂の界面密着力を飛躍的に向上させ、高強度化と軽量化を実現。大きくしなりながら素早く戻る、かつてない球押し感でボール初速アップを実現しました。※ Namdは、ニッタ(株)が開発した「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する技術です。

新発想フェースデザイン グルーヴフローコンセプト

ドライバーは溝なしタテ研磨、フェアウェイウッド・ユーティリティーはナナメ溝、アイアンはヨコ溝と、方向性を高めるために、それぞれに最適なグルーヴを採用しています。

Driver FairwayWood Utility Iron

ドライバー

縦の真実。方向性を高める研究から生まれた新発想直進スピンフェース。

フェース表面の拡大写真

[常識を打ち破るタテ研磨で方向性UP]

一般的なフェース研磨はヨコ方向となりますが、EZONEGTドライバーはタテ研磨を採用。さらにフェースの溝加工を無くした新デザイン。従来の常識にとらわれないバーティカルポリッシュによる新フェースデザインで、方向性が向上します。

インパクト時のボールの動き比較(イメージ図) ボール落下位置(イメージ図)

●ロボットテストデータ(フェース3°オープン状態でインパクト)

ヘッド
スピード
[m/s]
ボール
初速
[m/s]
打出し角
[deg]
スピン量
[rpm]
スピン軸
[°]
キャリー
飛距離
[yds]
トータル
飛距離
[yds]
左右
バラつき
[yds]
タテ研磨溝無し 38.8 56.3 16.0 3566 9.1 195.3 210.8 右23.8
ヨコ研磨ヨコ溝 38.7 56.1 16.7 3869 11.0 191.7 205.6 右28.8

※ヨネックス調べ

フェアウェイウッド&ユーティリティー

斜めの真実。 方向性を高める研究から生まれたスラントグルーヴ(ナナメ溝)

フェアウェイウッド/ユーティリティー

地面からショットするフェアウェイウッド・ユーティリティーには、フェースとボールの間に入り込む芝や水を逃がし、スピン量を安定させるための溝が必要になります。左右のバラつきを抑えグリーンを狙っていくため、EZONE GT FW&UTでは、スラントグルーヴ(ナナメ溝)を採用しました。タテ溝やヨコ溝よりも左右のブレが少ないため、方向性が安定します。

インパクト時のボールの動き比較(イメージ図)

●左右のバラつき比較(#3フェアウェイウッドのロボットテストデータ)

ナナメ溝 ヨコ溝 タテ溝
左右ブレ幅 5.5ヤード 8.9ヤード 10.4ヤード

※ヨネックス調べ

G-BRID採用。G-BRID構造で深・低重心化によるやさしさと軟鉄鍛造アイアンのような好打感を実現。

EZONE GT アイアン

[高初速・高弾道で従来品比+5%の飛距離アップを実現]

ツアープロも認めたG-BRID構造をEZONEGTアイアンにも採用。ヘッドは反発性の高いクロムモリブデン鋼とし、さらには部分別硬度熱処理を行い、フェイスは硬く、高い反発性と広いスウィートエリアを。ネック部は柔らかくロフト・ライ角調整に対応しました。

〈G-BRID構造〉

フェース裏側にグラファイト制振材を複合することで、振動を抑え打球感が向上。さらに低・深重心化が可能となり、見た目以上の易しさを実現。

クロムモリブデン鋼の硬度調整にて、フェース部は硬く反発を高め、ネック部は柔らかくしライ角調整に対応。

●ロボットテストデータ(#7)

ヘッド
スピード
[m/s]
ボール
初速
[m/s]
打出し角
[deg]
スピン量
[rpm]
スピン軸
[°]
キャリー
飛距離
[yds]
トータル
飛距離
[yds]
EZONE GT 32.8 44.7 16.8 5112 19.1 135 148
当社従来品 31.8 43.5 17.6 5580 18.9 129 141

※ヨネックス調べ

ラインアップ

page top