企業情報
  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 歴史・沿革

歴史・沿革

1991(平成3)年

YONEX U.K. Ltd.新社屋購入、移転

YONEX GmbH新社屋を建設

アメリカ現地法人YONEX CORPORATION(現YONEX CORPORATION前身)は、カナダ代理店であったYONEX CANADA LIMITED(販売会社)を買収

ヨネックスのゴルフクラブ、カーボンウッドが全米のカーボンヘッドクラブ市場で48.2%のシェアで第1位となる(ダリルサーベイ社調査)

製品・選手

テニス・契約プロのモニカ・セレスが世界1位に躍進

陣内貴美子/森久子が全英バドミントン選手権女子ダブルス準優勝(決勝進出は日本人として11年ぶり)

ゴルフ界の大型新人・倉本泰信と契約

1992(平成4)年

仙台営業所、新社屋を建設

ヨネックスレディスオープンゴルフトーナメントを開催

史上初のアイソメトリック形状バドミントンラケットを発売

製品・選手

全米大学ゴルフ選手権3度制覇のスーパーレフティ、フィル・ミケルソン(アメリカ)と契約

アイソメトリック形状バドミントンラケット「Isometric 500」を発売

1993(平成5)年

製品・選手

ゴルフの「ヨネックス飛ばし屋軍団」が来日。各地でデモンストレーションを行い、400ヤードの飛距離を披露

テニス・契約プロの伊達公子が初の全米オープンベスト8

1994(平成6)年

東京証券取引所市場第2部並びに新潟証券取引所に株式を上場

アトランタオリンピック・バドミントン競技の公式用具にヨネックスの製品(シャトルコック、コート、ネット)が採用

東京工場第2工場を建設

新工場には、ストリング専用の最新設備が完備されている。

ヨネックステニスフェスティバル開催

製品・選手

テニス・契約プロのセルジ・ブルゲラ(スペイン)が、「RD-7」を使用して全仏オープン2連覇

ゴルフ・日本アマ2連覇の米倉和良と契約

ゴルフで、300㏄のデカヘッドクラブ、「チタンカーボン300(海外商品名:Super A.D.X.ドライバー)発売

14歳の天才テニスプレーヤー、マルチナ・ヒンギス(スイス)と契約

1995(平成7)年

スノーボード事業に参入

業界初のカーボンを複合したスノーボードを発売。

製品・選手

ゴルフクラブで、オールチタンウッドの「レックスキングチタン」を発売

テニス・契約プロのモニカ・セレスが28カ月の休養を経て公式戦に復帰し、最初のカナダオープンで優勝

全米オープンテニス(女子)で、16強のうち7人が当社製品(ラケット)を使用

テニス・契約プロのマルチナ・ナブラチロワがシングルスからの引退を発表。通算167大会の優勝を記録

1996(平成8)年

ヨネックスカントリークラブオープン(18ホール・パー72・全長6,986ヤード)

アメリカに現地法人YONEX CORPORATION U.S.A.(現YONEX CORPORATION)を設立

アトランタオリンピック、バドミントン競技で全24個中23個のメダルをヨネックス製品使用選手が獲得

製品・選手

1995年当時、史上最年少でプロテストに合格したプロゴルファーの菊地あつ子と契約

テニス・契約プロの伊達公子がフェド杯ドイツ戦でシュテフィ・グラフを破る殊勲。日本チームは準決勝進出。

テニスのウィンブルドン男子シングルス決勝は、リチャード・クライチェク(オランダ)対マラビーヤ・ワシントン(アメリカ)のヨネックス対決をクライチェクが制し優勝。伊達公子はシュテフィ・グラフにセミファイナルで敗れる。女子ダブルスでは、マルチナ・ヒンギスが優勝し、史上最年少チャンピオンとなる

テニス・契約プロのモニカ・セレスが全豪オープン女子シングルスで優勝、同大会で無敗記録を保持

ゴルフクラブで、業界最薄のスチールフェース、最軽量のグラファイトシャフトを採用した女性向けモデル、Super A.D.X.(海外向け)アイアンを発表

ゴルフクラブで史上初金属製ドライバー、Super A.D.X. Titaniumを発表

プロスノーボーダー、千原裕輝(ハーフパイプ)、兵藤衛(アルペン)と契約

1997(平成9)年

男子プロゴルフツアー、「ヨネックスオープン広島」をヨネックスカントリークラブで開催

米山稔(現ファウンダー)が会長に就任。米山宏作(現参与)が新社長に就任

製品・選手

テニス・契約プロのマルチナ・ヒンギスが史上最年少16歳3ケ月で全豪オープンのシングルス・ダブルスを制覇

マルチナ・ヒンギスが史上最年少16歳6ケ月で世界ランク1位到達

ゴルフクラブでハンマーバランスのレッキンスーパーとチタンプロⅡを発売

ゴルフクラブで、従来のグラファイト製シャフトより30%の軽量化に成功した

テニスの全仏オープン女子シングルス決勝は、マルチナ・ヒンギス対イバ・マヨーリ(クロアチア)のヨネックス対決をマヨーリが制し優勝

ゴルフ・契約プロのスコット・ホーク(アメリカ)がライダーカップの代表メンバーに選出。グレーター・ミルウォーキー・オープンではキャリア通算8度目のPGAツアータイトルを獲得

1998(平成10)年

財団法人ヨネックススポーツ振興財団(現公益財団法人ヨネックススポーツ振興財団)を設立

埼玉、大阪、福岡の3会場で、バドミントンフェスティバルを開催

ヨネックスのロゴマークを変更(現在に至る)

海外現地法人YONEX TAIWAN CO.,LTD.の台湾工場が、SGマーク普及で通産大臣(当時)から表彰を受ける

消費生活用品としての安全性確保に努めたことが認められたもの。

米山会長(現ファウンダー)が、米国ボーイスカウト・ロサンゼルス議会よりロンバーディー賞を授与される

米山会長(現ファウンダー)の青少年の育成に対する功労が認められたもの。

製品・選手

テニス全豪オープンでマルチナ・ヒンギスがシングルス、ダブルスともに2連覇達成

テニス・契約プロのマルセロ・リオス(チリ)、マルチナ・ヒンギスにより、男女ともヨネックス契約選手が世界ランキング1位の座に就いた

アメリカ・オーランドで開催されたPGAショーにて、ステンレススチール製のウッドおよびアイアン・Super A.D.X.200シリーズを発表

1999(平成11)年

イングランド・バドミントン協会より米山会長(現ファウンダー)に協会功労賞が授与される

全英バドミントン選手権における継続的な支援が讃えられたもの。

ヨネックスレディスオープンゴルフトーナメントをヨネックスカントリークラブで開催

製品・選手

テニス全豪オープンでマルチナ・ヒンギスがシングルス、ダブルスともに3連覇達成。この年の年間世界ランキング1位も獲得

テニス・契約プロのリチャード・クライチェクが世界記録(当時)となるサービスエース48本を奪う

ゴルフクラブのヒットシリーズとなったサイバースターシリーズより、第1弾ドライバー「サイバースター2000」発売

プロテニスプレーヤー、レイトン・ヒューイットと契約

2000(平成12)年

ウォーキングシューズ新規参入

7mの高さから落とした生卵が、割れずに4m跳ね返る、衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた衝撃吸収材「パワークッション」で、新規参入を果たす。

製品・選手

テニス・契約プロのメアリー・ピアース(アメリカ)が全仏オープン優勝

テニス・契約プロのモニカ・セレスと、ウェア、シューズを新たに加えた全用具使用契約を締結

テニス・契約プロのマルチナ・ヒンギスが、2年連続で世界ランク1位を獲得

フレーム外周部を半円状に盛り上げたマッスルパワーフレームを初めて搭載したバドミントンラケット「マッスルパワー100」を発売

ページのトップへ