BADMINTON NEWS

2018.11.19Matches(大会・試合)ギデオン&スカムルヨ驚異の今季8勝目!日本勢の強さも際立ったヨネックスサンライズ香港オープン


『ヨネックスサンライズ香港オープン』(Super500)の各種目決勝が11月18日に行われ、男子ダブルスのマルクス・F・ギデオン&ケビン・S・スカムルヨペア(インドネシア)が福州中国オープンに続き、2大会連続で優勝し、今季ワールドツアー8勝目という驚異的な記録を叩き出しました。日本勢は5種目すべてで決勝に進出するという史上初の快挙を達成。5種目中3種目を制し、ここでも圧倒的な強さを見せつけました。


破竹の勢いで勝ち続ける男子ダブルスのギデオン&スカルムヨペアは、先月のデンマークオープンの決勝で下した園田啓悟&嘉村健士ペア(トナミ運輸)と再び対戦し、21-13 21-12で勝利。昨年はスーパーシリーズタイ記録となる6勝でBWF年間最優秀選手賞を受賞しましたが、それを上回る今季8勝目。世界ランキング1位の座を確固たるものにしています。


女子ダブルスでは、世界ランキング1位の福島由紀&廣田彩花ペア(岐阜トリッキーパンダース)が世界ランキング7位の韓国ペアに21-18、21-17で勝利。先月のデンマークオープンに続き、今季ワールドツアー5勝目を上げました。


混合ダブルスでは、世界ランキング5位の渡辺勇大&東野有紗ペア(日本ユニシス)が世界ランキング2位の格上の中国ペアを相手に、21-18、21-14でストレート勝ち。3月のヨネックス全英選手権以来となる嬉しい今季ワールドツアー2勝目。女子シングルスの奥原希望選手(日本ユニシス)は、ラチャノック・インタノン(タイ)との対決を大接戦の末制し、今季3勝目を勝ち取りました。

12月12日開幕の「ワールドツアーファイナルズ2018」(中国・広州)も迫り、今シーズンもいよいよ終盤。戦いの行方に是非ご注目ください!

使用用具

マルクス・F・ギデオン:ASTROX 88 DBG65TIPOWER CUSHION AERUS 3 MEN
ケビン・S・スカムルヨ:ASTROX 88 SMICRON80POWER CUSHION AERUS 3 MEN
福島由紀:ASTROX 88 DNANOGY 95POWER CUSHION 65Z
廣田彩花:ASTROX 88 SNANOGY 95POWER CUSHION 65Z

関連リンク

>>試合結果

© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top