BADMINTON NEWS

2018.10.04Matches(大会・試合)パラバドミントン国際大会が今年も東京都町田市で開催されました!ヨネックスもオフィシャルサプライヤーとして大会をサポート


昨年に引き続き、ヨネックスは『ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2018』(9月26日~30日、東京・町田市立総合体育館)のオフィシャルサプライヤーを務めました。日本で唯一のパラバドミントンの国際大会として大きな注目を浴びる中、ヨネックスストリンギングチームによるストリンギングサービス、シャトルコックやコートマットの提供をはじめ製品の展示や販売などで同大会をサポートしました。


今大会、初めてパラバドミントンの大会でストリンギングを担当したヨネックスストリンギングチームの中原健一さん(ラケットショップフジ)は「大会の熱量をすごく感じますね。大変貴重な経験でした。ただ、選手と大会のサポートという点は同じですので、選手の方々が安心してプレーできるように張る事が自分の使命です。これからも色々なカテゴリーでストリンキングサービスを提供していきたいです」と熱っぽく語りました。

世界14ヶ国から109選手が参加し、5日間にわたり繰り広げられた熱戦は、日本勢が大活躍!山崎悠麻選手(車いすWH2/NTT都市開発)が3種目で優勝したのをはじめ、世界ランキング1位の鈴木亜弥子選手(上肢障害SU5/七十七銀行)や藤原大輔選手(SL3-SL4/LINE)が男子ダブルスで初優勝を飾るなど、18種目中9種目で金メダルを獲得し、昨年の3種目(22種目中)を大きく上回る結果を出しています。

ヨネックスはこれからもバドミントンとパラバドミントンの普及・発展に務めてまいります。

関連リンク

>>大会公式サイト
>>大会結果
>>ヨネックスはパラバドミントンを応援しています

© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top