BADMINTON NEWS

2018.01.16Products(製品)コート中盤からのラリーを制する、ハイテンション対応のハードヒッター向けバドミントンラケット「DUORA 8XP」2018年3月下旬より世界同時発売


ヨネックスは、ハードヒッター向けのバドミントンラケット「DUORA 8XP(デュオラ 8エックスピー)」を3月下旬より発売いたします。

DUORAシリーズはフォアとバックで異なる形状を組み合わせ、それぞれで多く用いられるショットの質を高めたことが特長です。DUORA 8XPではシリーズ特長に加え、ハードヒッターや弾きの良さを求めるプレーヤーからの要望が多い、ストリングを高いテンション(最大35lbs)で張る"ハイテンション"に対応したラケットです。ハイテンションによる弾きの向上で、特にコート中盤での打ち合いに多用されるドライブ等のショットで威力を発揮します。

また、ハイテンションで張った際のフレームへの負担を軽減させるため、フレームの剛性を高め、かかる力を分散させる設計を採用しました。

そしてフレーム全周には反発性を維持しながら衝撃吸収性を併せ持つ素材「バイブスレイヤーカーボン」を採用し、強く打撃した際の肘や手首への衝撃を軽減させます。

INNOVATION

ハイテンションに対応
ハードヒッターを中心に、弾きの良さやトップ選手のような打撃音を得るためにハイテンションの需要が増えています。DUORA 8XPでは最大で35lbs ※までの張力に対応。ハイテンションによる弾きの向上で、コート中盤で多用されるドライブや前に飛びつくようなショットでその威力を発揮し、試合を有利に進められます。

ストリングがフレームへと食い込むような強い力を緩和させるため剛性を高めると同時に、かかる力を分散させるようにフレーム内部のカーボン繊維の向きを変えています。
※同シリーズのDUORA Z-STRIKEは最大で29lbs

VIBSLAYER CARBON(バイブスレイヤーカーボン)
打球時の衝撃をカットするカーボン素材をフレーム全周に搭載。極薄の衝撃吸収材が何層にも分かれて積層しているため、通常カーボンと同等の反発性を維持しつつ高い衝撃吸収が可能です。
※バイブスレイヤーカーボンは東レ(株)の制振性素材を適用しています。


(DUORAシリーズ共通イノベーション) デュアルオプティマムシステム
DUORAシリーズでは、フレームのフォアとバックで異なる形状を組み合わせ、粘り強さと反発性を併せ持つヨネックス独自のナノサイエンス素材「ナノメトリック※DR」を取入れ、全てのショットを高めた「デュアルオプティマムシステム」を採用しています。 (※ナノメトリックは東レ㈱のナノアロイ®テクノロジーを応用した素材です。)

製品名 DUORA 8XP(デュオラ8エックスピー)
素材 高弾性カーボンフレーム+ナノメトリックDR+バイブスレイヤーカーボン
高弾性カーボンシャフト+ナノメトリック
新内蔵T型ジョイント
カラー アクアナイトブラック
サイズ 3U(平均88g)4・5
発売 2018年3月下旬
メーカー希望小売価格 25,000円+税
原産国 日本

DUORA 8XPのXPとはXtra Perfomanceを表します。

▼ RECENT

高い快適性が日本代表選手の躍進をサポート! バドミントン日本代表チームウェア2018後半モデルを2018年8月下旬より発売

「力強いショットで高いパフォーマンスが発揮できた」ASTROX 99使用の桃田賢斗選手が日本男子初の世界王者に!日本勢は6個のメダルラッシュ! TOTAL BWF World Championships 2018

桃田選手の優勝を記念し『ジャパンオープン ヨネックスフェア 2018』賞品に桃田選手直筆サイン入りASTROX 99等を追加します

「ジャパンオープンヨネックスフェア2018」当選人数 誤表記のお詫び

2週連続Vで今季6勝目の櫻本絢子&髙畑祐紀子ペア ヨネックス秋田マスターズの初代チャンピオンに輝く

リー・チョンウェイが着用する、高い安定性とフィット感が特長の「POWER CUSHION 03」の新デザインを2018年9月下旬より数量限定で発売

「このラケットで世界選手権を優勝したい」桃田賢斗選手も認めるASTROX 99の発売記念イベントを中国・南京で開催

ついに"全身Namd"が登場!連続強打で圧倒するパワーラケット「ASTROX 99」2018年9月中旬より世界同時発売

8月1日から『ジャパンオープン ヨネックスフェア 2018』を開催いたします

DUORA 7ペアの櫻本絢子&髙畑祐紀子が今季5勝目!シンガポールオープン

▼ CATEGORY
- Players(選手)
- Matches(大会・試合)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2018年
- 2017年
- 2016年
- 2015年
- 2014年
© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top